交通事故の慰謝料や示談でお困りですか?

交通事故LINE弁護団では、交通事故でご家族が重傷を負われた方からの相談を募集しています。
交通事故で示談するのに先立って慰謝料相場を把握したい方
  • 通院1日につき4200円の慰謝料が妥当な水準なのか疑問
  • 保険会社から提示された書面をみても示談すべきか分からない
  • 慰謝料増額のため、有利な後遺障害認定を受けたい
相手保険会社との間で弁護士基準で示談交渉したい方
  • 弁護士基準まで示談金を増額する方法や手順を教えてほしい。
  • 後遺障害の申請の手順やポイントを把握しておきたい。
  • 相場水準を超える示談金を受け取りたい。

このような不安を解消するために、私たちは交通事故LINE弁護団を立ち上げました。

  • LINE無料相談のメリット①
  • 交通事故の慰謝料に関する最新の専門情報を受け取れる
  • LINE無料相談のメリット②
  • すきま時間を活用して自宅から何度でも相談できる
  • LINE無料相談のメリット③
  • 専門知識を持つ弁護士から即座に無料でアドバイスを受けられる
  • LINE無料相談のメリット④
  • 委任につながれば、弁護士基準での示談交渉が実現。

交通事故判例からわかる弁護士基準での増額事例

日本全国の最新の判例をもとに、具体的な弁護士基準での慰謝料増額事例を分かりやすくまとめています。
1 2 3 4 5 6 8
1 2 3 4 5 6 8

代表弁護士からのメッセージ

「交通事故LINE弁護団」の代表弁護士岡野武志からあなたにメッセージがあります。

代表弁護士岡野武志法人イメージ

はじめまして。交通事故慰謝料増額弁護団の代表弁護士の岡野武志です。ここでは、この弁護団をはじめた経緯と理念について、少しお話させてください。

私たちは2015年の春に「LINEで弁護士に無料相談」というサービスをリリースしました。私たちはこのサービスを通じて、交通事故の被害者からの相談が予想以上に多いことを実感しました。

現時点では、交通事故の被害者が弁護士に依頼せずに自力で加害者本人や相手保険会社と交渉している割合が圧倒的に多いのが実情です。

その中で私たちが特に問題視しているのが、「弁護士に依頼すれば慰謝料が増額する」というシンプルな事実を交通事故被害者が認識せずに示談してしまうケースが後を絶たない点です。

これは、交通事故被害者は心理的に弁護士へ相談するハードルが高く、交通事故の保険実務に関する正確な情報を十分得られていないことが原因のようです。

そのため、いまだに自動車保険会社が被害者に対し「相場よりも大幅に低い慰謝料を提示し続ける」実務がまかり通っています。

インターネット上では、交通事故に関する情報が溢れかえっているにもかかわらず、このような現実がいまだに続いていることは、私たち弁護士にも責任があります。

交通事故被害者を本当に救済するためには、被害者やその家族に対する意識改革と交通事故実務に関する啓蒙活動が必要になるのです。

そこで、被害者が弁護士へ相談するハードルを下げるために、交通事故被害者専用のLINEアカウントを新設し、専門的な無料法律相談サービスを提供することにしました。

私たちは、インターネットとソーシャル・アプリの可能性を、そこに人間の知恵を掛け合わせた時のシナジーを信じています。

インターネットとソーシャル・アプリの歴史は、「1人の無力な個人でも、集まれば1つの大きな力になる。」ということを証明してきました。

これにより、交通事故の被害者やその家族を啓蒙し、意識改革することができると確信しています。そこで初めて、交通事故被害者の救済を実現することができるのです。

あなたが登録し、あなたの友だちが登録し、友だちの友だちが登録し、その輪が広がれば、交通事故被害の啓蒙・意識改革という共通の目的を持つこれまで実現し得なかった緩いつながりをもった弁護団が誕生します。

失われた交通事故被害者の主権を回復するために、あなたの力を貸してください。

交通事故LINE弁護団への無料相談のメリット

「ご相談者の暮らしに安心と便利をもたらすこと」が私たちのミッションです。

交通事故LINE弁護団が安心・安全の理由

登録料・相談料は完全無料。匿名での登録が可能で、守秘義務厳守・プイバシー重視のポリシーで運用されています。

1 登録で費用が発生するこはありません 登録料は完全無料:画像

1 登録で費用が発生するこはありません 登録料は完全無料

2 LINEアカウントを利用するため匿名での登録が可能:画像

2 LINEアカウントを利用するため匿名での登録が可能

3 登録したこと自体が外部に漏れないプライバシー重視の仕様:画像

3 登録したこと自体が外部に漏れないプライバシー重視の仕様

4 法令上定められた弁護士の守秘義務厳守の運用体制:画像

4 法令上定められた弁護士の守秘義務厳守の運用体制

組織概要

「交通事故LINE弁護団」は第二東京弁護士会に所属するアトム法律事務所弁護士法人によって運営されています。
  • 弁護団の名称
  • 交通事故LINE弁護団
  • 弁護団を運営する法律事務所€
  • アトム法律事務所弁護士法人
    (第二東京弁護士会所属、届出番号474)
  • アトム法律事務所の特徴
  • アトム法律事務所は、交通事故や刑事事件など、都市型トラブルの解決において、高い実績を持つ弁護士法人です。
  • 代表弁護士
  • 弁護士岡野武志(登録番号37890)
  • 弁護士の数
  • 15名(2016年2月現在)
  • 事務員の数
  • 30名(同上)
  • 法律事務所の数
  • 全国8か所(同上)永田町、新宿、北千住、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡

組織概要

弁護士による無料相談!

登録は誰でもかんたんです。弁護団のLINEアカウントを「友だち」登録してください。

2 最新の情報が知りたい、悩みごとを報告したい情報共有はLINEを開くだけ

2 最新の情報が知りたい、悩みごとを報告したい法律相談はLINEを開くだけ
「友だち」登録が完了したら、
すぐに無料相談を開始することができます。
お悩みの相談は、お好きなタイミングでどうぞ。

弁護士による出張訪問相談

LINE相談の結果を踏まえて、一部のご相談者に対しては、弁護士が無料で出張訪問相談を行います。

2 慰謝料の増額が見込める案件に対しては弁護士が無料で出張訪問相談

2 慰謝料の増額が見込める案件に対しては弁護士が無料で出張訪問相談
ご家族の介護が大変で外出もままならない。
そんな場合でも、弁護士があなたのところに出張し、
無料で訪問相談を行います。※一部のケースのみ

トップへ